Sorry, your browser is not supported
Please use Google Chrome, Mozilla Firefox, Safari or Microsoft Edge to open this page


理性の眠りは怪物を生む

thumb_upRevenue from this purchase will be shared with your affiliate

まもなく販売

LORETTA

『Loretta(ロレッタ)』はプレイヤーがヒロインと共犯関係となり、自身の作り出した悪夢の中へと手を引かれてゆくサイコスリラーです。ストーリーの主役はとある1人の女性。彼女を取り巻くのは裏切り、不誠実な夫、問題を抱えた人間関係、そして1940年代の複雑な社会情勢。


このゲームはコンセプト、ビジュアル共に20世紀のアメリカの芸術―アンドリュー・ワイエス、エドワード・ホッパーの作品、40・50年代のノワール映画、アルフレッド・ヒッチコックのスリラー映画、フィリップ・リドリーの映画『柔らかい殻』、スティーヴン・キングの『1922』、そしてウラジーミル・ナボコフの『ロリータ』からヒントを得て制作されました。


ストーリー

1947年、ロラ(ロレッタのあだ名)とウォルター・ハリスはウォルターの両親が所有していた農場へと引っ越す。作家のウォルターと専業主婦のロラ。2人の関係は冷え切っている。


夫婦は経済的に困難な状況にある。ウォルターがニューヨークの知り合いに借金をしているという事により、事態はよりややこしいものになっている。ロラはこの件を夫から聞かされていないものの疑念を抱く。それだけではなく夫の浮気も疑っている。


愛してすらいない夫のために仕事も夢もチャンスも投げうったことをロラは理解している。今や冷たく空虚な家に押し込められ、日々の生活で精一杯になっている。


ローンの支払いに追われる中、ウォルターが出版社の生命保険に加入していることに気づく。死亡の際に受け取れる保険金は合計30,000ドル。ロラの脳裏にある計画が浮かぶ。

蜘蛛の巣のように張り巡らされた嘘、又は坂を転がり落ちるかのような血塗れの殺人へと続くプロット

キャラクターの運命を決めるのはプレイヤー

たくさんのエンディング